小堀鐸二研究所

観測事象の分析

当社では、公開されている観測記録等のデータを利用して、独自の知見に基づき分析を行っています。

2011/3/11の東日本大震災における東京湾沿岸部の地震動

2011年東北地方太平洋沖地震ではどのように揺れたかを、水平方向の速度観測記録をもとに10倍の速度で可視化しました。
明治以降、埋立造成・開発が進められてきた東京湾沿岸部に着目し、様々な場所での観測記録を用いて、地点間の揺れ易さや揺れの振動方位を評価しました。明治初期から中期にかけて作成された迅速測図に基づく明治期の海岸線よりも海側は、陸側と比べて周期2~6秒で大きく揺れていたことが分かりました。