建物の地震応答解析
  近年、建物にはフリープランなど、高い自由度を有する空間が求められています。こうしたニーズに対応する新しい骨組み形式が考案され、大規模かつ多様な形状を実現することが可能となりました。
  一方で、大地震により梁端部の破断や柱脚の座屈などの被害例が報告され、耐震設計上の新たな検討課題も見つかっています。実験や解析により骨組み部材の力学特性を詳細に検討し、大地震時の建物の非線形挙動まで正しく表現できる地震応答解析法を開発し、複雑かつ多様化する建物の耐震設計に活用しています。