液状化・側方流動と杭基礎
  大地震が発生すると、ウォーターフロントや人工島では広範囲にわたる地盤の液状化や、液状化に伴って護岸が大移動を起こす現象、いわゆる側方流動が生じます。さらに、液状化によって増大した地盤の変形が杭基礎の動きを強制し、杭基礎構造物に被害を与えます。液状化や側方流動の影響を受ける、杭基礎の挙動を正確に評価する解析手法を開発し、軟弱地盤に建設される杭基礎構造物の安全性を確認しています。