地震波動伝播
  震源から地表に達する地震波動の伝播特性を知ることは、地表面での地震動の評価に不可欠です。複雑な地形の波動伝播を詳細に解析する三次元差分法は、強力な解析ツールのひとつです。
  兵庫県南部地震では、海岸線と平行に“震災の帯”と呼ばれる強い揺れに襲われた地域が出現しましたが、この原因が神戸市直下に存在する地盤の段差構造にあったことを解明しました。さらに、超高層ビルへの影響が懸念される長周期地震動も、震源域を含む広範囲な深部地盤構造の三次元モデルにより評価が可能となりました。
大正関東地震の大規模波動伝播解析
(地震による揺れが伝わる様子を可視化しました)