地盤・基礎・建物の動的相互作用
  地震時の地盤・基礎・建物の揺れが互いに影響を及ぼし合い、周期によって揺れの大きさが変動します。動的相互作用と呼ばれるこの現象は、多層地盤や不整形地盤などの地盤構成、また、埋め込み基礎・群杭基礎・地中連続壁などの基礎形式により複雑に変化します。このため、解析対象に応じて各種の解析手法を的確に組み合わせ、その影響を詳細に評価しています。