地震動の予測
  地震時の地盤の揺れ方、つまり地震動を予測するためには、震源のモデル化ばかりでなく周辺地盤の情報が重要です。例えば、高層ビルなどに影響する長周期地震動の評価には、広い範囲に渡る深い地盤構造が必要となるのに対し、一般的な建物では浅い地盤構造をより詳細に知ることが重要です。これらの条件に応じて、三次元有限要素法などの理論的方法、中小地震の観測記録を重ね合わせる半経験的方法、等価震源距離を用いた経験的方法などを使い分け、地震動を精度良く予測しています。