揺れを予測する
震源断層から構造物応答に至る評価システム
  性能設計の時代をむかえ、新しい設計体系のなかで地震に対して安全な建物を設計するためには、地震の発生メカニズムから建物の応答までを取り扱うことのできる、信頼性の高い評価法が必要となります。
  1995年の兵庫県南部地震では、設計上新たに考慮すべき様々な現象が浮かび上がりました。それは、「震源近傍の強震動の性質」、「深い地盤の不整形性の影響」、「地盤の液状化や側方流動」、「建物や基礎の複雑な挙動」などです。
  当研究所ではこれらの現象の解明に早くから取り組み、多くの研究成果を発表してきました。こうした成果を体系的に組み合わせ、いわば“震源断層から建物頂部まで”、地震時の挙動を一貫して予測する、新しい評価システムの開発を進めています。
揺れを予測する 地震発生メカニズム 地震動の予測 地盤・基礎・建物の動的相互作用 地震波動伝播 液状化・側方流動と杭基礎 建物の地震応答解析