長周期地震動エレベータ管制システム
  大都市圏の超高層ビルでは、遠方で起きた地震による長周期地震動で、エレベータのロープがシャフト内の金物に引っ掛かり、自動復帰時にロープ破断などの被害が生じる事故がたびたび報じられています。これは、通常の管制運転では、一旦停止させたエレベータを、一定時間後に再起動するため、ロープの揺れが大きくなり始めたときにエレベータが稼動していることが原因で、これを防ぐためにはロープの揺れが収まるまで、停止し続けることが必要です。これに対応できる長周期地震動管制運転システムを新たに開発し、すでに実際の建物に適用しています。
エレベータ管制システム