緊急地震速報
  気象庁からの緊急地震速報の予報情報に基づいて、配信サービスの技術コンサルティングを行っています。
  震源特性、波動伝播特性、および地盤増幅特性を経験的に評価する独自の手法を用いて評価した高精度の推定震度を提供し、様々な施設の地震に対する防災対策やBCP対策に役立てています。
  さらに、以前は利用する顧客ごとに独自のサーバや端末で評価を行う方式としていましたが、現在はすべての顧客に対してTakusu社のサーバで一括評価し、インターネットを介して配信を行う中枢配信型予報方式に変更しました。これによって、作業の効率化やコスト削減を行うことができるとともに、顧客への配信の内容や方法の変更に対する対応が迅速かつ容易に行えるようになりました。
  現在、建築工事現場、放送局、ホテル、地下街、共同住宅、商業施設、事務所建物などに適用されています。工事現場については、タワークレーンや作業員のいる場所が工事事務所から離れており、配線工事が難しいことが多いので、小電力セキュリティシステムの無線を活用しています。
  放送局やホテルなどでは、エレベータの閉じ込め事故防止のため、早期に最寄階に停止する管制運転制御に用いています。


中枢配信型予報方式を用いた緊急地震速報の
震度予測結果の建物、施設への配信
(通報・設備制御・放送設備接続対応)