免震構造
免震構法
MENSIN5101
免震構造は建物下部に免震装置を設置し、地震による揺れを遮断して建物の揺れを大幅に低減するものです。
■特徴
建物の揺れを1/2〜1/5に低減
免震建物は積層ゴムなどの免震装置で支えられます。地震の衝撃は免震装置によって和らげられ、建物全体が水平方向にゆっくり揺れるようになるため、安全性・快適性が飛躍的に向上します。
貴重な財産を守ります
免震構法は大地震から中小規模の地震まで幅広く対応。建物本体を守るのはもちろん、天井などの落下を防ぎ、家具や設備機器、美術品などの財産を地震の脅威から守ります。
空間設計の自由度を高めます
建物に伝わる地震力が低減されるため、柱・梁などのサイズを小さくできます。柱間隔も広くできるため広々とした室内空間が得られ、多彩で自由な居室プランが可能になります。
日常的なメンテナンスは不要
免震装置は定期点検のほか、大地震や冠水の後に臨時点検を行います。シンプルな構造で電気的な機械装置がないため、日常的な点検は不要です。
■原理
MENSIN5102
・免震装置で地震のエネルギーを遮断
通常の耐震構造の場合、地盤の震動が伝わると建物は変形し、上階に行くほど大きく揺れます。
免震装置は建物と地面の間に挿入して設置され、地震の衝撃を吸収し建物の変形や損傷を防ぎます。

 

・免震装置の性質
免震装置には以下の性質があります。
  1. 鉛直方向に強く、硬くて建物の重量をしっかり支えます(支持)
  2. 水平方向に柔らかく、しなやかで地震動を建物に伝わりにくくします(絶縁)
  3. 変形しても元に戻る性質を持っています(復元)
免震装置の代表的な例である積層ゴムは、ゴムと鋼板を互層で貼り合わせることにより、ゴムだけでは得られない重量の支持能力を確保しています。
MENSIN5103

 

■性能
免震構造の性能は、解析だけでなく、大型の振動台で免震建物模型を加振する振動台実験や実際の免震建物の地震観測結果からも実証されています。
MENSIN5104
新潟県中越地震での免震効果
・2004年新潟県中越地震で免震性能を確認
長岡市に建つ免震建物で、2004年新潟県中越地震の建物の振動データが計測されました。
建物の揺れは150ガル程度と地面の250ガルよりも小さく、かつ最上階の揺れが耐震構造の1/4以下に低減されていることより、免震構造の性能を確認することができました。
この建物では家具什器の転倒などは一切なく、また余震の多かった本震後の避難所として大いに役立てたそうです。