技術コンサルタント
発注者へのオーナーズコンサルティング業務
  一般に設計事務所から提示される設計に対して、施工者側から設計上、施工上の観点から見た改善を求めるVE提案というプロセスがあります。しかし確認申請の厳格化等、諸般の事情から円滑にこの提案が受け入れられることは難しいのが現状です。そこで当社は設計の計画段階から施主側の立場に立ち、設計者の意図を十分消化した上で、これまで培ってきた豊富な技術の活用により、高品質、低コストの実現を目指した耐震設計の造りこみを支援する、いわゆる「オーナーズコンサル業務」を開始しました。ここでは、あわせてコスト情報の分析結果を具申いたします。

<コンサルティング業務の内容>
  • ▽設計用地震動の予測
  • ▽建物機能に適した骨組(構造種別・形式)の提案
  • ▽工期・コストから見た最適な基礎構造の選択
  • ▽地震時の力と変形を求める高精度な構造解析
  • ▽効果的な制震・免震計画の提案
  • ▽超高層ビルの長周期地震対応技術
  • ▽内蔵する家具什器、設備の耐震対策

<オーナーズコンサル業務の位置づけ>
特殊解析
  構造物の振動に関する諸問題、たとえば風による体感振動や歩行による床振動などの評価や対策、さらには衝突や爆破に対する損傷評価や対策、また免震のみならず、超高層、風力など種々の大臣認定取得業務も経験豊富です。  また、各種防災対策、石垣の地震時挙動や巨大操り人形の振動、シャンデリアなどの吊物の制震、屋上遊戯施設の建物への影響度など、一般には評価や解決が困難などんな課題に対しても、対応可能な専門家やノウハウ、ツールを揃えております。
操り人形の地震時挙動
操り人形の地震時挙動
航空機の衝突解析
航空機の衝突解析
伝統木造建造物の地震挙動解析
  神社仏閣などの伝統木造建築では、文化財保護や参拝者の安全確保の観点から、耐震性能の把握が重要となります。
過去の地震でも多くの文化財建造物が被害を受けており、早急に適切な耐震補強を行うことが課題となっています。そこで、大規模な伝統木造建築の大地震時の強非線形挙動をシミュレーションできる三次元フレームモデルを作成し、既存の寺社建築に適用しました。その結果、偏在する土壁や建物の非線形化の影響による伝統木造の特徴的な挙動を確認することができました。
このように、本解析法を多くの木造建築に適用して実績を蓄積することにより、伝統木造の解析技術や耐震補強法の高度化を図っています。
3次元モデルによるシミュレーション
国土交通省大臣認定取得
風力発電施設の大臣認定業務
  2007年6月の建築基準法改正に伴い、これまで工作物として確認申請のみで建設されていた風力発電設備に、超高層と同等の地震応答解析が義務づけられることになり、地盤ばねや地震動の策定、時刻歴による地震応答解析などが必要となりました。
そのため動的設計の経験のない事業者は、大臣認定の対応能力のある協力会社を必要としており、認定対応の経験豊富な当社への依頼が相次いでいます。ちなみに2008年1月に日本建築センターで性能評価を受審した物件が、4月に日本で始めて風力発電設備の国土交通大臣の認定を取得しました。以後、多数の案件に対応しています。
風力発電設備と申請の流れ