社長メッセージ
天災は忘れるいとまもなくやって来る
−2016年発生の熊本地震に思う−
omikashacho
  2016年4月14日午後9時26分熊本県の日奈久断層帯で、M6.5の「前震」が発生しました。益城町では震度7の激震に見舞われ、死者9人の犠牲者が出たほか、電気、ガス、上下水道等のライフラインや道路、鉄道などの社会インフラに多大な被害が発生しました。その僅か28時間後の16日午前1時25分、M7.3の「本震」が布田川断層帯で発生し、再び益城町で震度7を観測しました。

  「前震」が震度7を観測したことから、それを「本震」と思い込み、もうこれ以上の揺れは来ないものと判断して、家屋損壊の軽微な住民の多くが帰宅していました。ところが「前震」では大きな被害を免れたものの、耐震性能が低下していたものと思われる多くの家屋が、再び発生した震度7に見舞われ大破、倒壊に至ってしまいました。それに伴い死者も40人増え「前震」と合わせて49人(関連死等を含めると69人)と、多くの尊い命が奪われる結果となりました。建物の損壊は累計9万棟以上を数え、甚大な被害がもたらされました。

  「本震」発生後一か月が経過した時点でも余震は収まる気配もなく、震度1以上の有感地震が1470回を超えました。さらに気象庁は今後暫くは、震度6弱の余震が発生する可能性もあり、十分注意するようにとの警告を発しています。また「本震」発生以降、熊本県阿蘇地方で震度6強が、大分県では震度5強の大きな地震が連鎖的に発生しています。

  以上述べた通り、この度の熊本地震では今まで経験したことの無いような様々な特異な現象が見られます。このような現象は熊本地震固有のものなのか、それとも日本の他の地域でも起こり得ることなのか、現地の被害状況をしっかりと精査し、実態の解明を着実に推進する必要があります。今回蒙った多大な人命、財産上の犠牲を無駄にすることなく、減災・防災対策の一層の進化につなげていくことが求められます。

  「天災は忘れた頃にやって来る」の名文句は、物理学者で随筆家の寺田寅彦博士が、1923年の関東大震災が発生した時に、地震への警鐘として鳴らした警句です。しかし現代はといえば、1995年の阪神淡路大震災の発生を境に、日本列島は地震の活動期に入ったといわれ、5年前の東日本大震災を筆頭に震度7級の大地震が日本列島の各地で多数発生しています。
  「天災は忘れる暇(いとま)もなくやって来る」の文句を、地震をはじめとするあらゆる天災に対する現代の警句として、今まさに日本国民が全員で共有する必要があると言えましょう。

2016年6月
代表取締役社長  五十殿 侑弘おみか ゆきひろ
工学博士